Lifework

マイ・ラスト・ソング2020 ~久世さんが残してくれた歌~[東京公演]

死の間際に、一曲だけ聴くことができるとしたら、あなたはどんな歌を選ぶだろうか。

演出家として「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー」など数々の名作ドラマを送り出し、 文筆家としても活動していた久世光彦。人生の最期の刻に聞きたい唄をテーマに14年間書き続け たエッセイ『マイ・ラスト・ソング』を小泉今日子の朗読、浜田真理子のピアノと唄で受け継ぎます。2020年は昭和後期に人気を博した懐かしのドラマ枠 TBS「水曜劇場」をテーマにお送りしました

<東京公演:世田谷パブリックシアター>

久世さんの写真に見守られて水曜劇場の世界が始まります。

久世さんが愛煙していた缶ピースとウエッジウッドのマグカップ。

真理子さんは「ムー」の樹木希林さんオマージュのデニムのサロペットスカート。

小泉は「時間ですよ」の女将さん、森光子さんオマージュの和服姿。

サックス奏者の Marino さんは「ムー一族」の清水健太郎さんオマージュのトレンチコート。

スタイリングもヘアメイメイクも出来ちゃうスペシャリスト藤崎コウイチさんのトータルコーディネイト!

TBS さんより「時間ですよ」で実際に使用していた松の湯の貴重な暖簾をお借り出来ました。

<スペシャルサンクス>

JOTARO SAITO https://www.jotaro.net

小泉着用の和装は「伝統の進化」、「和を楽し むライフスタイル」を提唱されている JOTARO SAITO さんのもの。

「軽くて、着心地が良くって、動きやすい!

そして素敵なデザイン」(小泉談)

<スペシャルサンクス>

THE GLOBE ANTIQUES

(ザ・グローブ アンティークス)

http://www.globe-antiques.com

椅子や電気スタンド、テーブル、カーペット。 舞台上の家具は全てザ・グローブ アンティークス さんにご協力頂きました。 ヨーロピアンアンティークの家具や照明、雑貨などを取り扱うショップとカフェが併設された素敵なお店です。