毎熊克哉(まいぐま かつや)1987年3月28日

2016年公開のW主演映画「ケンとカズ」で第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞、第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞。現在放送中の連続テレビ小説「まんぷく」をはじめ、2018年だけでも映画出演が12本を超えるなど各界から注目されている。

<映画>「止められるか俺たちを」「ご主人様と呼ばせてください」「おまえ次第」
「轢き逃げ 最高の最悪な日」(2019年5月10日公開)
<ドラマ>「未解決事件File.7『警察庁長官狙撃事件』」 WOWOW「コールドケース2」

毎熊克哉(まいぐま かつや)1987年3月28日

2016年公開のW主演映画「ケンとカズ」で第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、おおさかシネマフェスティバル2017新人男優賞、第31回高崎映画祭最優秀新進男優賞を受賞。現在放送中の連続テレビ小説「まんぷく」をはじめ、2018年だけでも映画出演が12本を超えるなど各界から注目されている。

<映画>「止められるか俺たちを」「ご主人様と呼ばせてください」「おまえ次第」「轢き逃げ 最高の最悪な日」(2019年5月10日公開)
<ドラマ>「未解決事件File.7『警察庁長官狙撃事件』」 WOWOW「コールドケース2」

芋生 悠(いもう はるか)1997年12月18日

2014年『JUNON Girls CONTEST』ファイナリスト。2018年、主演映画「あの群青の向こうへ」で門真映画祭2018最優秀主演女優賞受賞、同じく主演映画「ヒロイン」でながおか映画祭2018、いぶすき映画祭2018で審査員特別賞受賞、など多数の映画祭で数々の賞を受賞。

<映画>「左様なら」「ひとひら」「恋するふたり」
<ドラマ>「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」「Giver」「いだてん〜東京オリムピック噺」
<舞台>「欲浅物語」

森岡 龍(もりおか りゅう)1988年2月15日

映画「茶の味」でデビュー以後、様々な映画、ドラマ、CMに出演。大学在学中にぴあフィルムフェスティバルに入選、「ニュータウンの青春」など映画監督しても活動。

<映画>「エミアビのはじまりとはじまり」「榎田貿易堂」「密使と番人」
<ドラマ>「The Fake Show」「義母と娘のブルース」「許さないという暴力について考えろ」
<舞台>「名人長二」

広山詞葉(ひろやま ことは)1985年3月29日

2017年公開の自らがプロデュースした主演映画「今夜新宿で、彼女は、」で第13回山形国際ムービーフェスティバル最優秀俳優賞、第1回渋谷TANPEN映画祭最優秀主演女優賞・第1回Seisho Cinema Fesベストアクトレス賞を受賞。

<映画>「今夜新宿で、彼女は、」「SPEC〜結〜漸ノ篇」「ヘルタースケルター」
<ドラマ>「ブラックスキャンダル」「やすらぎの郷」「最後から二番目の恋」
<舞台>一人芝居「≒」「SINGULAR〜シンギュラ〜」(2019年2月〜)

足立 理(あだち おさむ)1987年12月22日

オタクキャラからコメディー役、悪役、二枚目役まで様々な役を演じる。
ドラマ、映画、舞台、PVなど多岐にわたり活動。

<映画>「斉木楠雄のΨ難」「人狼ゲーム インフェルノ」
<ドラマ>「仮面ライダービルド」「アオイホノオ」
<舞台>「シダの群れ3 港の女歌手編」「国民傘」

足立 理(あだち おさむ)1987年12月22日

オタクキャラからコメディー役、悪役、二枚目役まで様々な役を演じる。ドラマ、映画、舞台、PVなど多岐にわたり活動。

<映画>「斉木楠雄のΨ難」「人狼ゲーム インフェルノ」
<ドラマ>「仮面ライダービルド」「アオイホノオ」
<舞台>「シダの群れ3 港の女歌手編」「国民傘」

新名基浩(にいな もとひろ)1982年3月17日

個性的な演技で映画、ドラマ、舞台と様々な場所で活躍。また岩松了、赤堀雅秋、ノゾエ征爾といった数々の人気演出家の舞台にも多数出演。

<映画>「泣き虫しょったんの奇跡」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
<ドラマ>「宮本から君へ」「刑事ゆがみ」「いよっ!弁慶」
<舞台>「オイディプスREXXX」「空ばかり見ていた」(2019年3月〜4月 東京/大阪:作・演出 岩松了)

塚原大助(つかはら だいすけ)1976年7月16日

国内作品だけでなく、海外映画などにも多数出演。劇団『ふくふくや』に所属する一方で、自身が主宰をつとめる劇団『ゴツプロ!』は本多劇場での公演に続き、台湾公演を成功させるなど精力的に活動。

<映画>「COMPLICITY」「Red Line」(アイルランド映画)
<ドラマ>「真犯人」
<舞台>「阿波の音」(2019年1月〜東京/大阪/台北)
「『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠」(2019年4月〜5月 東京/大阪)

塚原大助(つかはら だいすけ)1976年7月16日

国内作品だけでなく、海外映画などにも多数出演。劇団『ふくふくや』に所属する一方で、自身が主宰をつとめる劇団『ゴツプロ!』は本多劇場での公演に続き、台湾公演を成功させるなど精力的に活動。

<映画>「COMPLICITY」「Red Line」(アイルランド映画)
<ドラマ>「真犯人」
<舞台>「阿波の音」(2019年1月〜東京/大阪/台北)
「『銀河鉄道999』さよならメーテル〜僕の永遠」(2019年4月〜5月 東京/大阪)

福島マリコ(ふくしま まりこ)1967年2月8日

数々の舞台作品に出演。中島淳彦が作・演出を手掛ける『プレオム劇』で主演を務めるなど、小劇場から商業演劇まで幅広く出演している。また、2016年にバッカーズアワード演劇奨励賞「女優賞」受賞。

<映画>「結婚しようよ」
<ドラマ>「スーパーサラリーマン左江内氏」「深夜食堂 - Tokyo Stories -」
<舞台>「妄想先生」「日の本一の大悪党」

古山憲太郎(ふるやま けんたろう)1976年1月20日

劇団『モダンスイマーズ』創設メンバー。1999年の立ち上げ以降全作品に出演。また劇団スタジオ公演では作、演出デビューもはたす。

<ドラマ>「終電バイバイ」「SP 警視庁警備部警護課第四係」
<舞台>「嗚呼いま、だから愛」「悲しみよ、消えないでくれ」「死ンデ、イル。」

豊原功補(とよはら こうすけ)1965年9月25日

1982年より俳優業を開始。以降、映画、ドラマ、ナレーションなど数多の作品に参加。2007年映画「受験のシンデレラ」にてモナコ国際映画祭最優秀主演男優賞。1997年バンドKozmic Blueでアルバム「サンフランシスカンの憂鬱」シングル「星空」を発表。作詞・作曲・ボーカル・ギターを担当。ライブ活動は現在も続行中。2017年より演劇の作・演出など活動の幅を広げている。
出演作として「空ばかり見ていた」(2019年3月〜4月 東京/大阪:作・演出 岩松了)が控えている。

<舞台演出>「名人長二」「またここか 」「後家安とその妹」

【原作】三遊亭圓朝「鶴殺疾刃庖刀」(つるごろしねたばのほうちょう)
古今亭志ん生「後家安とその妹」

【脚本・演出】豊原功補

【公演日程】2019年5月25日(土)~6月4日(火)*タイムテーブルは後日発表

【劇場】紀伊國屋ホール
(〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7紀伊國屋書店新宿本店4F)

【原作】
三遊亭圓朝「鶴殺疾刃庖刀」(つるごろしねたばのほうちょう)
古今亭志ん生「後家安とその妹」

【脚本・演出】
豊原功補

【公演日程】
2019年5月25日(土)~6月4日(火)
*タイムテーブルは後日発表

【劇場】
紀伊國屋ホール
(〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7紀伊國屋書店新宿本店4F)